ウェルカム・メッセージ

淡輪 敏

石油化学工業協会 会長

日本の石油化学工業協会を代表し、2017年5月18日~19日に札幌で開催される第38回アジア石油化学工業会議へのみなさまのご参加を心から歓迎致します。
2017年の大会テーマは「The Promise of Carbon Chemistry: Pathway to a Sustainable Future(炭素化学の目指すもの:持続可能な未来への道筋)」です。

 

アジアの石化を取り巻く環境は、北米シェールガス、中国石炭化学、中東エタン等による安価製品の流入、巨大な企業再編の流れ等、大きな変動が見込まれています。我々は企業の持続的な成長のために、それらへの対応を図っていかねばなりません。

 

一方、世界全体、人類の持続可能性という観点からも大きな動きが出ています。
1) 2015年9月 国連「持続可能な開発のための2030アジェンダ」を採択
http://www.un.org/ga/search/view_doc.asp?symbol=A/70/L.1
2) 2016年11月 国連の気候変動枠組み条約「パリ協定」が発効
http://unfccc.int/resource/docs/2015/cop21/eng/l09r01.pdf
これらの実現には、私たち石油化学産業のイノベーションが不可欠です。
たとえば、次のようなものが考えられます。
1) スマート・コンビナートの確立:省エネ、省資源、高効率な生産による環境への貢献
2) 省エネ製品の開発・普及(自動車軽量化等):CO2排出量の削減
3) 高機能プラスチック包装:食品保存期間の延長によるフード・ロスへの貢献

 

地球規模の課題解決という見地から、従来の「石油化学」の枠組みを広げ、「炭素化学」という観点を取り込んでおります。
我々石油化学産業の発展はもちろんのこと、人類、社会、環境と調和した持続可能な未来を勝ち取るために何をすべきかも、みなさまと共に考えていきたいと思っております。
2017年5月に札幌でお会いできることを楽しみにしております。

参加登録

PAGETOP